製品情報

注意事項

パクトご利用に際してのお願い

ネジの性格上、パクトをご使用の際には実際の現場で十分な調査や試験を行い、
安全な用途のみでご利用ください。

締結物・現場作業者の安全のため、本来の用途以外でのご使用はお控えください。

締結の際には締結条件に合った工具の使用をお願いいたします。

 

 

パクトは受注生産品です

パクトは現場での使用時における安全性、正確性、作業性向上のため、受注生産という形を取らせて頂いています。 製品のご提供に関してはパクト仕様が決定後、現場にてサンプルをご使用・ご確認頂いてから製造となります。

パクトを提供するまでの流れ

各製品の仕様、特徴については下記[製品一覧]をご覧ください。

 

 

 

お困りの際

パクトを使いたいけれど、どのような製品仕様にしたら良いかわからない場合。 特殊な仕様でお困りの場合などはご相談を承っております。 現在のネジの使用箇所、方法、目的などをご用意の上、気軽にお声かけください。パクト仕様の詳細なお問い合わせをお待ちしております。

 

パクト在庫について

現在の在庫表は以下のPDFからご確認ください。

また流動品となりますので、在庫状況など詳細については都度ご連絡ください。

4月度パクト在庫表【PDF】

 

製品一覧

パクトa型

パクトa型の特徴

 

※ 必ず締結条件に合わせてお使いください ※

使い方

雄ネジに仮止めするまで一体化します。

仮止め後はフィルムを剥がし、工具を使って本締結します。

工具:インパクトレンチ、ソケットレンチ、スパナなど

使用可能ソケット:6角、12角

主な用途:石材の乾式工法、太陽光の架台など

 

 

主な仕様

型式:a型(ミシン目:あり つまみ:あり)

基本構成:NSW(ナット+ばね座金+平座金)

サイズ:M8 M10 M12

材質:鉄素材+ユニクロ8μ
   ステンレス(304/316)

 

▼パクトa型って?

パクトa型はフィルムを剥がして使います。

だから現場の資材置き場から仮止めまでの移動は1つで持ち歩き、本締結のときはナット・ばね座金・平座金の3つで行います。バラバラに持ち運んだときはポケットの中から確認して取り出さなくてはいけませんが、パクトならその混乱もありません。

 仮締めまでが一体化しているという恩恵を一番受けられるのは視認性が悪い暗い場所高所狭所。他にも締結するボルトが見えなかったり、下向きのボルトへ締め込むとき。現場で「ネジが締めにくいよ!!」と感じるところでは作業がしにくい状態が起きています。

その結果、座金が上手く入らなくて落としたり、座金が入らなかったことに気が付かなかったり、ナットの表裏が逆だったり、ばね座金を先に入れてしまったり…などの施工ミスが起きてしまいます。またそれを起こさないように注意しなければならないため、作業者には余分な重圧が常にかかっています。

ですがパクトであればそれらのミスも重圧も手放すことができます。ナットをセットするのと同じ感覚。1アクションでネジ部品を正確に、正しい順序で締結できます。

そして手袋をしていてもフィルムを外せるようにパクトa型にはミシン目とつまみがついています。軽くねじ込んでからフィルムを外す。フィルムの中はもちろんJIS規格のネジ部品ですから、本締結はJISそのものを利用できています。

このようにパクトa型は単純に便利であることで正しい施工や余計な重圧からの解放を提供し、作業環境の改善や仕事の効率化などに寄与する一粒で何度も美味しい製品です。

パクトは使う方にはとても簡単な製品ですが、工場での加工・製造の段階から現場作業の様々な負荷を軽減できるよう工夫されています。現在では日本全国、さらに海を超えた先でも多くの現場を支えることが出来ました。

是非、現場で実感!体感して見てください

 

 

パクトb型

パクトb型の特徴

 

※ 必ず締結条件に合わせてお使いください ※

使い方

フィルムを剥がさずに、仮止めから本締結までそのままお使いいただけます。

インパクトレンチ使用時にはフィルムにより、表面処理への傷がつきにくくなります。

 

工具:インパクトレンチ、ソケットレンチ

使用可能ソケット:6角、12角

主な用途:木造・木質住宅、鉄骨住宅など

 

 

主な仕様

型式:b型(ミシン目:なし つまみ:なし)

基本構成:NS(ナット+ばね座金)
     NSW(ナット+ばね座金+平座金)

サイズ:M12 M16

材質:鉄、高強度材…S45C(H)・6T・8T・10T
   +クロメート8μ・ユニクロ8μ、三価クロメート8μ、グリーンクロメート8μ

 

▼b型の得意技は?

パクトb型はフィルムをそのまま締結します。

あれ?a型と違うの?と思われる方も多いかもしれませんが、b型はフィルムが残ることに、とても大きな意味合いを持ちます。

パクトb型は主に住宅などの建築に利用されています。耐震用の基礎工事から現場に顔を出すため、生コンクリートや泥が飛び跳ねるということが頻繁にありますが、パクトのフィルムがナットや座金に付着しないよう防いでくれます。

また住宅建築で鉄に表面処理(めっき)をかけたものです。しかし鉄ですから、悪条件が重なれば錆の問題がついて回ります。しかしネジは長く使ってナンボのものですので、最初の微調整以外では締結したものを何度も緩めたり、取り外したりなんてことはあまり聞きません。

もちろん本締結も手でのんびり1つ1つ…とは行きません。電動のインパクトドライバーを使ってガッガッガッ!っと、現場では1日で何十、何百ものネジを締めていきます。

インパクトドライバーを忙しく使うので、通常のナットや嵌め込み式の座金付きナットなどはどうしても表面に深い傷がついてしまいます。しかしパクトは8μ以上の厚漬けめっき0.07mmのフィルムが守ってくれます。

また嵌め込み式の座金付きナットと違ってばね力を損なっていませんので、木痩せが起きた場合にもばね座金が能力を発揮してくれます。

 

フィルムを取ることがないため、a型ゆずり施工性の高さはそのままに、a型よりもさらに細くて、深くて、手が入りづらいような場所にまで、正確な仕様で正しい施工を届けてくれます。

パクトb型は得意のフィルムによる高い防御力で現場作業や建築物を守っています。そして現在、日本の北から南まで、そしてさらに海を越えた国の様々な住宅の建築現場で利用されています。

是非、現場で実感!体感!して見てください。

 

 

パクトs型

パクトs型の特徴

 

※必ず締結条件に合わせてお使いください※

使い方

フィルムを剥がさずに、仮止めから本締結までそのままお使いいただけます。

座金はフリーですので、手締め・仮止めの際にはナットをお持ちください。

 

工具:インパクトレンチ、ソケットレンチ、スパナなど

使用可能ソケット:6角、12角

主な用途:海岸の補修工事、石材の乾式工法など

 

主な仕様

型式:s型(ミシン目:なし つまみ:なし)

基本構成:NW(ナット+平座金)

サイズ:M10 M12

主な構成:ナット+皿ばね座金
     ナット+大径平座金(NW型)
     パクト+大径座金

材質: 鉄素材+クロメート8μ
    ステンレス(304/316)

 

 

 

パクトv型

パクトv型の特徴

 

※ 必ず締結条件に合わせてお使いください ※

使い方

フィルムを剥がさずに、仮止めから本締結までそのままお使いいただけます。

座面のフィルムが相手部材への傷を防ぎ、電触などを抑えます。

 

工具:インパクトレンチ、ソケットレンチ

使用可能ソケット:6角、12角

主な用途:木造・木質住宅、鉄骨住宅など

 

主な仕様

型式:v型(ミシン目:なし つまみ:なし)

基本構成:NS(ナット+ばね座金)

サイズ:M10

材質:ステンレス

 

▼v型の技術解説

開発経緯

ネジを締結すると、締め付けられた相手側やナットの座面には必ず傷がつきます。そこで着目されたのがパクトのフィルムです。

パクトはフィルムで座金を一体化しています。部材との間、ナットと座金の間にフィルムを噛まし、それぞれの相手を守れないだろうかという発想でした。

写真はその発想をそのまま現実化しました。ナットと座金との間にフィルムをV型に、ばね座金の部材側座面にフィルムを被せてあります。締結すると、ナットと座金とそして相手の部材に対してフィルムが優しく作用して、傷をつけません。

 

錆の試験

キャス試験:144時間  塩水噴霧試験:1000時間

パクトv型をアルミの板に締結し、錆の試験をしました。JISに基づき、締結後144時間のキャス試験と、1000時間の塩水噴霧試験を行いました。双方とも錆の試験では非常に過酷な試験です。

写真はキャス試験を終え、締結を外した部材の表面です。まずパクトv型を締結した座面に傷がないことがわかります。また、部材表面もパクトの近辺では錆がないこともわかります。

ステンレスのボルトから溶出したと思われる茶色い錆と、塗装の弱い端面に錆が集中しています。これにより、電触にも効果があると考えられます。

 

 

パクトxロックワン

パクトxロックワンの特徴

<サンコーインダストリーとのコラボレート商品>

※ 必ず締結条件に合わせてお使いください ※

使い方

六角ナットとロックワンをパクトし、施工性を大きく高めています。

12角のソケットに入れて、そのまま締結して頂けます。

締結後はフィルムを取り外して、ロックワンを増し締めします。

工具:インパクトレンチ、ソケットレンチ

使用可能ソケット:12角

 

YouTubeに施工や比較動画がありますのでご覧ください。

 

 

主な仕様

商品の詳しい内容はカタログをご覧ください。

パクトxロックワン【PDF

 

特別生産品

パクトBT+カラー【NEW】

構成:六角ボルト+カラー

材質:鉄・アルミ(カラー)

表面処理:三価クロメート(六角ボルト)

用途:壁掛け用大型モニター設置金具

説明:パクト加工でボルトの首下にカラーをセットしました。
   狭い場所、下向きの施工で首下にカラーを入れる必要があるときに有効です。

※写真は加工サンプルであり、実際の製品ではありません。

 

パクトNNSW-M8a

 

構成:六角ナット+六角ナット+ばね座金+平座金

材質:鉄

表面処理:溶融亜鉛めっき

用途:建材メーカー向け

説明:パクト加工でWナットに座金類を セットしました。
   人件費削減、在庫削減、正確な施工などに有効です。

 

パクトS角W-M12

 

構成:ばね座金+角座金

材質:鉄

表面処理:クロメート8μ

用途:住宅向け

説明:パクト化のため非溶接、非嵌め込み。
   JISそのままのばね座金の性能をそのまま活かせます。

 

パクト座コイルM12

 

構成:コイルばね+平座金

材質:鉄

表面処理:クロメート8μ

用途:住宅向け

説明:パクト化のため非溶接、非嵌め込み。
   コイルばねの性能を損ねず、そのまま活かせます。

 

パクトNPsp-M12

 

構成:六角ナット+平座金+コイルばね

材質:鉄

表面処理:クロメート8μ

用途:住宅向け

説明:3つの違う部品をパクト化しました。
   溶接、嵌め込みもないためナット・コイルばねの性能をそのまま活かせます。

 

パクトSPS-M12

 

構成:ばね座金+平座金+ばね座金

材質:鉄

表面処理:クロメート8μ

用途:住宅向け

説明:複数の部品をパクト化してシンプルに。
   施工性、正確性が大きく向上しています。

 

パクトNS-M20b

構成:六角ナット+ばね座金(パクトNS-b型)

材質:鉄

表面処理:クロメート8μ

用途:木造建築物向け

説明:大きなサイズのネジも、座金も、パクトであれば一体化できます。
   施工性や作業の正確性が大きく改善します。

 

過去のパクト加工品

レンチナット

 

ナットを順序良く、パクトのフィルムでくるんでみました。 フィルムは無公害のポリスチレンです。ミシン目がありませんが、ナットは下から外れます。ボルトにネジを絡めて外すと、無駄な力も要りません。いくつか取ってフィルムが邪魔になればそこから破けます。

1本の基準数量が10個ですので、数える時もとても便利です。現場に余計に持っていく必要もなく、余った分を持ち帰るときもポケットの中でバラバラになりません。在庫も場所を取りませんので、スペースも有効活用できます。

 

パクト・ドライ蝶ナット

 

蝶ナットは座金に比較して全体的に大きく、ばね座金を間に挿入するのは大変でした。
パクト・ドライでは蝶ナットとばね座金をパクト化し、一体化しています。

使用時にはパクトごと仮止めし、写真右のように蝶ナットの角(つまみ)でフィルムを除去します。特に機械の裏側や下部で下から締結する時は座金を落として苦労したりします。こんなケースがあれば。是非パクトを試してみてください。

 

パクトBS・BSW・BW型

 

パクトBS・BSW・BW型はボルトの首下に座金をセットし、パクト化したものです。
競合製品としてはセムスがありますが、セムスには出来ない特徴があります。

1)呼び径ボルトに座金を一体化できます
2)首下まで完全ねじ部がある前ネジボルトに座金を組み込めます
3)1本から制作できます

パクトは材質や表面処理の違い、特殊形状のものにも使えます。

 

パクトCS-M〇〇x〇〇

 

ステンレス六角穴付ボルト(CAPスクリュー)に座金をパクト化しました。
左2本が全ネジボルト、左2本が半ネジボルトです。

上部に六角レンチが入り、そのまま締結します。ばね座金だけではなく、皿ばね座金や特殊座金にも応用が利きます。ただし、油脂があるとパクトの加工性が落ちますので、ステンレスやめっき品のものに優位性があります。キャップは下向きに使用することが多く、とても便利です。

 

パクト・エレット

 

胴部を絶縁したいが、ボルトの耐力は落としたくない。 こんな時にはパクト・エレットが活躍します。

胴部をパクト化し、絶縁することができます。プラスチック(樹脂製)のボルトでは締め付け力は僅かですが、パクト・エレットであれば金属のボルトを使用できるため、通常の締め付けが可能です。またボルトだけではなく、Uボルトや絶縁ワッシャーと併せて使用することも可能です。

※絶縁体としてのフィルムは選定できますが、締結時のフィルムの傷み具合などについては色々なケースが考えられますので、ユーザーでの試験が必要です。

 

その他のパクト(旧サイト)
プロテクトはコンクリートからアンカーボルトを守ります
ネジの隙間を埋めるパクト・タイト
パクトt型のナット脱落防止

 

ユニテクト(旧サイト)
ボルトをコンクリートや錆から守るユニテクト
ユニテクト実施例
ユニテクトができるまで